社会福祉法人 桑の実福祉会

知的なハンディを持つ方々を支援する

事業概要

社会福祉法人桑の実福祉会は、障害福祉サービス事業所くわのみ(就労継続B型・生活介護)、桑の実福祉作業所、デイアクティビティセンターまゆ、地域活動支援センター あずま、デイサービスセンター あずま、相談支援事業所 にじ、そして、6ヵ所のグループホームを運営しています。
くわのみの主な作業科目は、各種役務、下請け作業(ホチキス針の箱詰め等)です。
官公庁からの仕事を積極的に受注して、利用者の工賃の向上と利用者の幸福な生活をめざしています。


沿革

1984年 4月 メリヤス工場の跡地を利用して、桑の実福祉作業所開設
1989年 4月 伊勢崎市境女塚に桑の実福祉作業所が完成・移転
1994年 3月 社会福祉法人 桑の実福祉会設立準備委員会発足
1995年 5月 社会福祉法人 桑の実福祉会設立認可
1996年 4月 通所授産施設くわのみ開設(定員30名)
1999年10月 さくらんぼホーム(グループホーム)開設
1999年12月 まつぼっくり(地域ホーム)開設
2001年 3月 みんなのいえ(体験宿泊の家)完成
2001年 4月 西今井ホーム(地域ホーム)開設
2002年10月 デイ・アクティビティセンター まゆ開設
2005年 2月 まつぼっくりがグループホームに移行
2006年 4月 桑の実福祉作業所の指定管理受託
2007年 4月 あずま福祉作業所の指定管理者受託
2011年 4月 くわのみが自立支援法の事業に移行
2011年10月 桑の実福祉作業所が移転・地域活動支援センターに移行
2012年 4月 相談支援事業所にじ 業務開始
2013年 1月 さくらんぼB棟開設
2015年 6月 さくらんぼC棟開設
2018年11月 さくらんぼメゾン開設