社会福祉法人 桑の実福祉会

知的なハンディを持つ方々を支援する

関連事業

なんでも福祉相談

社会福祉法人は、「地域における公益的な取組」を実施する事が法律上の責務となりました。
桑の実福祉会は、群馬県ふくし総合相談支援事業の「なんでも福祉相談」に参加しており「なんでも福祉相談員」を配置しています。
「なんでも福祉相談」は、社会福祉法人による地域貢献事業です。
どこに相談したらよいかわからないと言った地域の方の生活や福祉に関する困り事に耳を傾け何かお手伝いができたらと思っています。
費用は無料です。ご気軽にご相談下さい。
Tel.0270-74-0811

農福連携

農福連携とは....

農業の担い手が減り、農業従事者の高齢化が進み労働力が不足してきていることから、年々耕作放棄地が増えています。働き手が不足している農業の課題と障害者の経済的自立を進める福祉の課題を解決するため、双方が積極的に連携しようという取り組みです。


群馬県社会就労センター協議会では群馬県から委託を受けて専任の職員2名が福祉事業所と農業者をつなぐ事業を実施しています。くわのみでは、6月より週2回、職員と利用者で株式会社小林グリーンファームの広大な畑に行き、「施設外就労」をしています。作業は、畑の除草やキャベツの苗植えなど様々です。また、地元のJA佐波伊勢崎では、農福連携の相談窓口が設置されました。
夏の猛暑の時期も頑張って作業する事ができ、メンバーの自信につながっています。
“今日も疲れたよ”と帰ってきた時の言葉にもなにか“やりがい”や“充実感”のある表情が感じられます。